香りゃんせ
北海道オホーツク 北見市都市建設部 公園緑地課
香り彩るまちづくり推進機構
香りゃんせ公園

推進機構が最初に手掛けたのが、花と香りのまちづくりの中心的な役割を果たす施設ハッカ=ハーブ公園づくりでした。
北海道開発局やはまなす財団の理解を得て平成7年に第一次造成工事が始まり、名称も「香りゃんせ公園」に決定。
その間、推進機構は、ハーブに造詣の深い当推進機構の会員をリーダーに無農薬でしかも北の大地でも越冬できる品種の実験栽培を2年間継続して実施しました。
■場所: 北見市を流れる常呂川河川敷
     北見市朝日町河川敷

■規模: 10.4ha(野球グランドに換算すると4つ分の面積)

■公園内施設: 親水公園 噴水1基、水路:幅2〜7m×長86.5m
■植栽の種類
和種ハッカ、洋種ハッカ(パイナップルミント、アップルミント、ペパーミント)、ジャーマンカモミール、ダイヤーズカモミール、オレガノ、ヒソップ、ラムズイヤー、ソープワート、タンジー、ヤロー、キャットニップ、ベルガモット、ムスクマロウ、チャイブ、ワイルドストロベリー、タイム(レモンタイム、コモンタイム、シルバータイム)、セージ、レモンバーム、サントリーナ、ラベンダー、ナスタチウム、サラダバーネット、タラゴン、チャービル、スイートバジル、ルバーブ、ローマンカモミール、ポジリ、イタリアンパセリ、ロケット、コモンマロウ、ニゲラ
◎親水施設の噴水をセンターに設置し、左右対象の市民参加型ガーデンデザイン

フラワー
ガーディン
北見市公園緑地課、推進機構による管理 オレガノ(和名で花ハッカ)畑、木立はアイヌ民話にでてくるハルニレの木
ノット
ガーディン
学校、サークル、企業グループによる参加 幾何学的なサークルに甘い香りのサントリーナー、キャットミント、クリーピングタイム
コミュニテー
ガーディン
ご家族による参加 アッププルペパーミント、ペパーミント、ベルガモット、タンジー、レモンバーム、ジャーマンカモミール、ヤロー、デュイリリー、ラベンダー、タイム類、ナスタチューナスタチューム、チャイブ、ゼラニュームなど21の分類のハーブ 
   
   
Copyright © 1996-2017 香り彩るまちづくり推進機構 All Rights Reserved.